2021年07月13日

0070

0070.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月12日

淮南子 C

29淮南子ーC_20210712 (4).jpg
        
        不   知
        知   遠
        近   而
遠きを知って、近きを知らず。
遠方のことは解っていても、手近なことは解らない。
他人のことはよく見えるけど、自分自身のことは見えない。

<管 見>
見る・聞(聴)く、ということについて考えてみると、他人の出来事は冷静に見たり聞いたり出来るのに、自身のことになると沈着冷静にとはいかない。
特に、いざという時とか、咄嗟に判断して言動しなければならない時には、普段通りの自分らしさが果たしてどれ程取り出されるか、となると些か心細い限りである。


特に自分自身の全てを見るということは、先ず不可能であろう。

また、自身の話していることを冷静になって聞くということも、容易ではない。


即ち、見る・聴くができないのだから、他の感覚も然りだ。

特に省みる事の無い人は、自ら或いは身近なヒト・モノ・コトについての正確な実態を把握できていない。


それなのに、一番困るのは手前勝手な性分を直そうとしない。

それどころか、足元も見ずに流行もの・ブランドものなどを追い、その質より名で求めたりする。


また、佞人しか認めないのに、自身は有能だと何処までも誇って憚らないという、自己中心的な生き方を捨てきれないという厄介な輩もいる。


「自分の盆の窪は見えず」という言葉がある。

然し、エゴイストは「己の心身全体は見えず」或いは「自らのことは見て見ぬふり」なのだろう。


やはり、ただ馬齢を重ねるだけでは駄目だ、ということだろう。

人それぞれには、得手不得手はあろうし、能力にも各々の差は当然あるだろう。
でも、どんな時にも日頃努めを怠らなければ、一升瓶には一升しか入らないけれども、さてという時にはその一升瓶分の力が己の身や、人様のために働き、凌いでくれる筈である。

所詮、自身のことを正確に把握でないのであれば、中身を満たすことに日々精進するしかあるまい。

それを信じて、己の道を歩き究めようではないか。
posted by 頑輝 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

0069

0069.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月11日

0068

0068.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月10日

0067

0067.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月09日

0066

0066.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月08日

0065

0065.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月07日

064 小暑・七夕

0064.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月06日

0063

0063.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月05日

0062

0062.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

淮南子 B

28淮南子-B20210401 (2).jpg
        容   蜂
        鵲   房
        卵   不
蜂房(ほうぼう)は鵲卵(じゃくらん)を容(い)れず。
<注>
鵲(じゃくーかささぎ):烏に似ているが、尾が長く背と腹は白い。
           全長は46センチほどで、烏より小さい。

蜂の巣の小さな穴に大きな鵠(こうのとり)の卵を入れることはできないように、小器には大量のもの収容できない、ということである。


<管 見>

淮南子は、上記のような例を取り上げて器量について述べている。

でも器には、大小や異形のものなどさまざまな種類があるし、また如何(多様な)なるものにも対応するには、普段からどのような心構えで臨む必要なのだろうか?


そこで、今頭に浮かぶままに任せて、以下に記してみたい。

  どんな容器(器量)であっても、働きを七〜八分目にとどめることが肝要。

健康法として、食事でも「腹八分目」・「軽めの食は長寿の源」などと言われるのは、そうでないと、内臓(胃など)の働きが十分に機能しないことに加えて、肝心なものを疲れさせてしまうらしい。

同じく頭の働きも、詰め込み過ぎは逆効果になってしまう、と心得るべきだろう。

  「兎と亀」・「蟻とキリギリス」・「駑馬十駕」などに倣い、「千里の道も一歩より」を胸に日々努めることだ。

そして、辛抱して「一生懸命」に挑み努めれば、

  真の姿が見えてくる、すると、余計(無駄)なものに振り回されず、集中して持てる力を十分に発揮することができる。

  継続していれば、やがてその真髄に触れることで、だんだん面白くなってくる。

  その姿から心を慮る廉直な心の持ち主と、「相知心」が生じて支え合える

また、因と果を考えれば、

*「近道()」には、それに見合った少量の結果しか得られない。

*「遠回り()(手数をかけるほど)すれば、それ相当の結果が得られる。


巷間、後期高齢者などと言って、形ばかりの憐憫の情を寄せて由とする向きが多い。

だが、実年の本来の意は、肉体を指しているのではなく、精神にこそ意義があるのだ。


ことの序でに記せば、実の旧字「實」は、「屋内に宝がいきわたる」という会意文字なのだ。

これは、屋内⇒心(精神)に宝⇒人としての至重(尊く大切モノ)を有す、とも言い換えられるから、

満ち足りた精神の持ち主が齢を重ねても、更なる精進に努めている者を指すともいえるのである。


まだまだ、秘かにではあるけれども、挑み続けている気力に満ちている者がいるのだ。


posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2021年07月04日

0061

0061.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月03日

0060

0060.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月02日

0059 半夏生

0059.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月01日

0058

0058.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句