2021年08月05日

0093

0093.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

頑輝 A

32-B頑輝 A_20210711 (2).jpg

      不
      屈
I have only protected one thing.
It is indomitable.

「My・Way」(Lyrics by Paul Anka.有馬三恵子_訳詞・バーブ佐竹_歌

  前回のブログで記した「My・Way」を掲載する。


「今思えば遥かな道程(みちのり)

 ただここまでがむしゃらに生きてきた

悔いがないとは言えないけれど

俺は、俺なりに生きてきた

およそ人並の苦しみは嘗()めたし

この世間の裏側ものぞいてきた

何に巻き込まれようといつまでも

 俺は俺なりに生きてきた


 信じるところを一筋に今日まで

 この道貫いた、それだけが誇りさ

 俺は歌って生きてゆく


 人を愛した、別れも知っている

 また、負け犬の辛さも噛みしめた

 お世辞まっぴらで、損もするけど

 俺は俺なりに生きてきた


 信じるところを一筋に今日まで

 この道貫いたそれだけが誇りさ

 俺は歌って生きてゆく」


<管 見>

この詞を、渋みと深みをたっぷり含んだ、バーブ佐竹の声で聴いたなら、何時の間にやら涙が頬を濡らして滴り落ちるのにも気づかず聞き惚れることだろう。

posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記