2022年05月23日

0019

0019.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

大学 2

74大学 A_20220122 (14).jpg

       后    知
       有    止
       定    而


止まることを知りて(しか)(のち)に定まること有り。


人間の最終においては、止まるべき目標が決まって

くると、その次には自らの方針も一定(定まって、

落ち着いてくる)してくる、という。


<管 見>

人間誕生から終焉までを、まともな人生を

前提に考えてみると、

➀人はこの世に生を受ける。

➁初めは、周囲の小さな(限られた)(環境)なりの

 影響を受ける。

Bやがて、その輪(環境)は次第に大きくなるにつれて、

 影響も比例するが如く大きく受ける。

C成長〜上り坂。(自己の輪が増大)

D最盛に至る〜絶頂。(自己の輪が最大)

➅満ちれば欠ける〜下り坂。(自己の輪が減少)

F余生。(心身能力備蓄を放出することで

 維持〜然し、減少の一途を辿る)

G終焉。

ここで、Dの状態に達したならば、

自分に適った立場・心境を弁えて無理に

背伸びせずに、そこに止まることに気付いて、

その範囲・限度を越えないでいると、

精神が安定して心身が落ち着いていれられる、

ということなのだろう。

老子の知足=ヒ足ることを知る者は富む。

即ち、物的には貧しくとも、精神的には豊かで、

それが真の幸せということなのだ。


人生の途上で、その都度何を為すべきかという

確りした目的を持つならば、外部からの圧力などに

よって動揺することも無く、心の乱れ髪は自ずと整われる。

そして、精神が安定すれば、そこに外部のことなどに影響されず、

そこに止まっていられる。

そうすると、不毛の考えなどは浮かぶことなく、

己の真の為すべきことに思いが至り、言行一致に

乱れなく思い通りの生涯を過ごすことになろう、

というものだ。


posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記