2022年05月30日

0026

0026.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

大学 3

75大学 B_20220122 (16).jpg

       格     致
          在
       物     知


知を致すは、物に(いた)るに在り。


<管 見>

「致知在格物」とは、物の道理をきわめて学問

・知識を習得すること。

理想的な政治をするための「大学」の

八条目(八つの箇条書)には、

➀格物

➁致知

B誠意

C正心

D修身

➅斉家

F治国

G平天下

からなり、

その@と➁の段階を指す、のである。

「格物致知」とは、物の道理を窮め、

知的判断力を高める意で、

理想的な政治を行うための基本的条件である、

という。

「格物」とは、

*朱子学(朱子)によれば、「物にいたる」と訓じ、

 個々の事物についての道理を徹底的に究明する

 こと。

*陽明学(王陽明)によれば、「物をただす」と訓じ、

 対象に向かう心の動きを正しくすること。

「致知」とは、

*朱子学(朱子)によれば、自分の知識を極限にまで

 推し広めること。

*陽明学(王陽明)によれば、自然な心情、本来的な

 心のはたらきを徹底的に発現させること。


政治の最終目的は、FとGの「治国平天下」

 にあるがこれを実現するためには、

*Dの修身(心身を正しく修めて、善を行うように努める)

 ⇒B誠意とC正心によって得られる。

*B誠意とC正心は、「格物致知」(➀と➁)によって得られる。


言い換えれば、

民の生活を優先して守る為のまつりごととは、

それを司る人間自体(政治家自身)の、

*心の働きが正しいこと。

*モノの道理(実相)を、いい加減にせず徹底して

 明らかにすること。

*心が偏らないように、常に身の清廉潔白に努めること。

*名利などに迷い節を曲げたり、優柔不断な言行を

 して民をはじめ周囲を混乱させぬように、

 自身の知的判断力を高めることに努めること。

など、(公私共に)己に厳しい責を課し、

その上(公私の)義務を果たす覚悟が必要だ、ということだ。


posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記