2021年03月22日

老子 B

L老子B_20210125 (2).jpg

                 我
         持 三 有
       保 而 寶
           
我に三宝あり。
  持して之を保つ。

わたしには三つの宝があり、それをしっかりと抱き保っている。
その三宝とは、
「慈」、すなわち「情け」である。
➁「倹」、すなわち「慎ましやか・飾らぬこと・謙虚・控えめ 」な言動である。
B「敢えて天下の先と為らず」、すなわち「人の一番後方(しりえ)にいること」である。

<管 見>
上記(老子)の三宝を玩味し、改めて己に照らし合わせてみた時、
➀は、常に(何時でも・何処でも不変)ではなく、時に応じての情動次第(手前勝手)なのだ。
➁もまた然りである。
Bは、積極的な言動ではなく、己の不徳から招いた結果としての位置なのだ。
だから、愚生の(老子のいうところの)三宝に該当するものは、皆無ではないけれども乏しいものといえる。

愚生自身「日暮れて途遠し」の感を拭えないことは、十分承知している。
けれど、生来の頑固さは今も健在故、これを基にして生ある限り惜しむことなく努め、挑み続けたい。

posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188360553
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック