2021年05月24日

老子 7

22 老子〜7_20210224 (2).jpg


       希
       言
       自
       然
希言は自然なり。

<注>
「希」   :音声の最も幽かな声(音)。
「希言」:無声。
音声が出るのは、
何かが何かに衝突したり、また、何かが何かと摩擦するときにのみ起こる、という。
「希言」(無声)こそが自然のありようだ、と老子は述べているのだ。
これはまた、無理をしてはならない、という戒めだとも言明している。

<管 見>
つまり、「無理押し」(強引)をすれば、複数のモノ(コト)がそれを基に一方乃至複数のモノ(コト)が、連鎖的に作動してそれらが交わる時に、音(声)が発生するのだ。
さらに、必要以上の力が作用して交わる時には、それに比例して激しい(増幅した)音声が生ずるのである。

これを老子は「無理」と表現。
「無為自然」は、老子の基本姿勢なのだ。(既述)

そう言えば、特に気にかかることがある。
それは、この世に必要以上のことが、益々著しくなっていることが多いことだ。
例えば、
*人工照明
*人工音(奇声・擬音)
*道(心)を忘れた勝負(勝ち負けの拘り・他を無視した無礼な言動・・・)
等々、である。

個々については、述べれば際限がないので省く。

posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188433186
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック