2022年03月21日

孟子 12

65孟子 K_20210812K.jpg

         歸
     有   而
     餘   求
     師   之


帰りて之を求めば、余師あらん。

退いて静かに求めれば、学ぶべき師はたくさんあるであろう。

人生、いたるところに師がいるものだ。


<管 見>

 〈注〉

(そう):(BC1046 -BC487年)は、中国大陸に西周から春秋時代にわたって存在した小国である。国姓は姫。国都は陶丘(現在の山東省菏沢市定陶区の南西)。

    創始者は周の武王の弟の曹叔振鐸。

  周代の尺:≒18cm〜23cm⇒≒20cm

  ∴文王は≒2m・湯王は≒1.8

曹の君主の弟であった曹交が、孟子に尋ねた。

「人は誰でも堯や舜のような人物になれるというが、それは本当でしょうか。」

孟子は言った。

「その通りです。」

「聞く所によると、周の文王は身長が十尺あり、殷の湯王の身長は九尺あったそうです。

それなのに、私は九尺四寸(1.88)もあるけど、自分でもあきれるほどだらしない人生です。

何故、堯や舜のような素晴らしい人物になれないのでしょうか。」

「身長などは関係ありません。

ただ仁義の道を行うだけです。〈注〉仁義:思いやりの心と正しい行い。

例えば、

*今一匹の鴨の雛さえ持ち上げることが出来ない人がいれば、世間は力のない人だと言うでしょう。

*百鈞(60s)を持ち上げると言う人がいれば、世間は力持ちだと言うでしょう。

それならば、力持ちで有名な烏獲(戦国時代の秦の武王に仕えていた烏獲は、重さ約8000s)と同じように持ち上げる人がいれば、その人も烏獲と同じだと言うほかはありません。

だから、人は力が足りないことを悩む必要はないのです。

要は、努力しないことに問題があるのです。

年長者と同行する時、ゆっくり歩いて後ろから従っていくのが徳で、速足で年長者の前を歩くのを不弟(年少者・礼としての道を守らないこと)と言うのです。

ゆっくり歩くことは、どうして人のできないことでありましょうか。

出来ないのではなく、そうしないだけの事です。

堯・舜の道は、ただ孝弟の徳を行うだけの事です。

あなたが堯と同じ礼に適った服を着、堯と同じ仁義に適った正しい言葉を述べ、堯の孝悌(兄や年長者に従うこと)の正しい行いを実行すれば、あなたは堯になれるでしょう。

これに反して、あなたが桀と同じ非礼の服を着、仁義に悖る言葉を述べ、暴虐な行いをしたならば、あなたは桀と同じ人間にほかありません。」

「私は鄒君にお目見えしたら、屋敷を借りることが出来ます。できればしばらく滞在して、先生よりお教えを受けたいと存じます。」

「いや、人の道は大路(大道)のようなものです。どうしてそれを知るのに難しいことが有りましょうか。

求めないことが問題なのです。

〈愚生注〉この場合の大路とは、多くの才能ある人たちが行き交う場所に己が居ても、求めようとする自覚や人を見抜く力が無ければ、単なる喧噪な大通りにしか見えない、の意だろう。

求める気さえあれば、帰られても(現在の居るべき場所)、師とすべき人物が必ずおられるでしょう。

無理にここに留まる必要はありません。」


(愚生の短見だが)この意味は、立派な人物になるのは、難しいことはない、ただそれを為そうと努力しないだけである、というのが趣意なのだろう。

趙岐(後漢末の政治家)の章指(心裏を文章にしたものか?)にも、天下の大道、人並び之に由る、さざるをやまいあたわざるをわずらえず、と述べている。

愚生なりきに解釈して記せば、

才能が無くて出来ないのではなく、省みる事もせず・実行しようとしない、所謂、自らの努力を惜しみただ漫然として、為さねばならぬことを怠っているのだ ということだと受け止めるが、如何だろうか。

posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189165494
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック