2022年09月05日

書経 7

89書経 F.jpg

(伊尹曰、)

弗慮胡獲。

(太甲に教えた伊尹の言葉)

(おもんばか)()んば(なん)()ん。


思慮を十分に練らなければ、決して収穫はある者

ではない。

(これも、太甲に伊尹が訓えた言葉である。)

<管 見>

思慮深くなければ、どうして成果をあげることが

できるだろうか、いや、何ごとも成果をあげるこ

とはできない。

これは、

➀今回の至言〜<思慮の大切さ

➁次回の至言〜<実行の大切さ

(為さずんば胡ぞ成らん※「為せば成る…」

で知られる武田信玄・上杉鷹山らが因とした)

と一対となるものである。


さて、➁は次回に譲るとして、➀について少し述べて

みたい。

回顧すれば、今から五十年を超える前のことだった。

大阪支社から当地(群馬支社)の建築課に赴任してきた。

主な職務は工場建築の設計監理だったが、

それ以外の一般建築も勿論範囲の内だった。


その中で、当地ではじめて手掛けた住宅の設計監理で、

或る施工会社で学んだことがあった。

それは、打ち合わせのために何度か訪ねる内に、

何の変哲もない作業風景の中にモノ作りの基本的

且つ大切な要素を見逃していたことに気付かされたので

ある。

無意識で働く大工さんたちの、日日繰り返されている

作業場での無言の教えをであった。

そこで見得(見る⇒理解⇒認識⇒会得)したことを、

前記➀(今回)と➁(次回)の二回にわたって述べること

とする。


学んだ一つ目は、朝一番の熟練の大工さんの作業風景に

ついてである。

先ず手にするのは、刃物((のみ)・鉋など)と砥石であり、

そして徐に研ぐ姿であった。

そのさまは、無我の境というか真剣そのもので、

声をかけるのさえ躊躇わせる雰囲気があった。

その作業には、

  穴を穿つ・削る・切断するなどの道具と自らの

 呼吸を整えること。(身体的作業)

  これからの作業の手順などを熟慮すると共に、

 心を整えること。(精神滝作業)

という、少なくとも二つの意味があったのだ。


年齢や経験に関係なく、腕の未熟な職人ほど、

直ぐ材木の刻みにとりかかるのである。

当然、失敗の確率は高いから、棟梁も心得ていて

重要な作業には就けない。

当人は気が付かないから、不満を持つが反省がないから

進歩しない。


つまり、熟練の大工さんは至極当たり前の如く、

所作習慣は第二の天性(記述)・習慣は自然の如し

(習い性となる)は、地で行く(職人根性本来の姿)だった、のだ。

目的を達成させるためには、己自身の能力と対象とする

相手を把握(明白に知る)することである。

つまり、彼を知り己を知れば百戦殆うからず(孫子)

ある。

そこで序でに、慣用句を幾つか挙げて記せば、

段取り八分()仕事は二分()=E転ばぬ先の杖

・備えあれば憂いなし


ただ、今ではこのような下仕事風景は殆ど見られなく

なってしまった。

神社建築などを扱う宮大工等一部を除いて、

プレカット工法()一辺倒に近く、展示場などでの見学を

通して客の購買心を煽り、現場では施工の手間を省き短期間で仕上

げることで、各社が競っての儲け仕事・高利や打算の

功利主義なのだ。

手間を惜しんでは、決して良質のものが出来る訳があり

得ない、ことを断言しておきたい。


〈用語注〉:

(ふつ)():この場合は、打ち消しの助字「ず」で、

…しない・…でない。

(りょ)(おもんばーる):思いめぐらす・遠謀深慮・考え

・計画

()(なんぞ):この場合は助字で、「なんぞ」疑問・反語

・原因・理由〜どうしてか。

()る:手に入れる。

プレカット工法:事前に工場で機械的に加工しておき、

建築現場ではそれらを組み上げて建てていく方法で、

一種のプレハブやユニットハウスと同程度で効率主義の

産物である。



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189503106
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック