2021年07月04日

0061

posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月03日

0060

0060.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月02日

0059 半夏生

0059.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年07月01日

0058

0058.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年06月30日

0057 夏越祭

0057.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年06月29日

0056

0056.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年06月28日

0055

0055.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

淮南子 A

27淮南子-➁_20210329 (2).jpg

      日
      慎
      一
      日
日に一日を愼む。

その日その日に謹慎(心に言葉の意を十分を塗り込めて、外に向けての言動を控えめにする)して、
今日は昨日より、明日は今日より、と謹慎を重ねる。
それが詮ずるところ、一生を通じての修養となるのである、というのだ。

<管 見>

本来コトを行うのは、誰かのためにとか何かを期待して為す、というのではないのだ。

自ら発した因の基に努め、是非は兎も角その果は己の責であるのだ。

従って、因果律は自律のもとに努めるのは、極、当たり前のことなのである。


古代において天子が政治を執り行うに、下に仕えし者は各々のあり方で諫言した、という。

*三公九卿(最高位の三人の官職とその下での実務者の九人)は、

諫争(争ってまで諫めた)して直に正し、

*博士(学問・技術専門の官職・称号)は詩(学・技の全般)を誦(読誦・暗誦)し、

*楽官(音楽を司る官職)は箴(戒めを)し、

*師官(技芸の官職)は誦し(詩歌などを唱える)

*庶人(一般大衆)は語を伝え(伝承)し、

*史官(歴史官)はその過失を書(書物を著す)し、

*家宰(家長に代わって取り仕切る者)は、道理に反する場合は膳(食事)を取り下げる、

などしてそれとなく諫めた。


それでも古代の聖王は足らぬとした。(さらに諫言を求めた)

堯・舜・成湯・文王・武王などは、僅かばかりの過失にさえも備えを怠ることはなかった、という。

そもそも聖人であれば、己以外の善ならどんなに小さくとも必ず讃え、自身に過失があれば如何に微小であっても必ず改めるものであろう、ともいうのだ。


堯・舜・禹・成湯・文・武の諸王は、皆な天下に裏表の無い人として君主の座に在った。

その在り方は、

*王者の禮たる食時の太鼓、食終の奏楽を欠かすことなく(天・神に対する礼?)

*食後には竃(かまど)を祭って恩恵に感謝し(天・神・大自然に対する礼?)

*事を断ずるに祈ることなく(自己責任において物事を決定・裁断し、天・神に責任転嫁せず)

などを天・神から与えられた当然の職務としていたから、

それ故に、

鬼神は祟らず

*山川は禍を及ぼさず、

だったのであり、まさに高潔の極みと言える。


このような状況にあっても常に過ちが起こることをを恐れて、常日頃から己自身を反省することを怠るようなことはなかった。

このように聖人と言われる人を観てみれば、聖人の心というものはなんと小さなものであろうか。

(これは、侮りの言葉ではなく、心から崇め奉る言葉なのだ)


「詩経」に、

維れ此の文王、小心翼翼たり、昭(あきら)かに上帝に事(つか)へ、ここに多福を懐(いだ)く、と。

これはこのような聖人の姿を讃えたのであろう。

聖人は、決断を下して実行する時の言動は大胆だが、その前の段階では「小心翼翼」(臆病者)と言われるほど熟慮に熟慮を重ね、慎重に事を運ぶ過程を疎かにしないものなのだ。

つまり、「胆大心小(度胸は大きく、注意は細かく)」である。


後世、聖天子・聖王と言われた所以は、宜なるかなであろう。

だがこのように、範を示されて何千年も経ても、
*益の少ない労は、惜しみ。
*諫言より甘言を好み。
*姿・形といった、外見に拘り。
*周囲の迷惑を顧みず。
*自身のことを棚に揚げて、日々他人の噂話に明け暮れ。
*自律を基とした慎みを怠る許りか、剰え、法までも冒す。
……。
自粛生活やワクチン接種・予防の徹底次第でコロナウイルスは防御できても、
上記のような心の貧しさによる人災は、防ぐ方法は無く精神衛生に打撃的な支障を来すのである。
そして、それによる被害者は黙して語らずで、その訳は……。(知る人ぞ知る)


続きを読む
posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2021年06月27日

0054

0054.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句

2021年06月26日

0053

0053.jpg



posted by 頑輝 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句